カテゴリー別アーカイブ: ドゥーラ便り

サポート活動の様子、発信していきたいこと等々

体罰は子供の心身に悪影響しか及ぼさない〜産後の現状とカラダ

こんにちは

東京都江東区在住の一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ
三門久美子(みかどくみこ)です。

早いもので一年の折り返しの時期となりました。
コロナ自粛も少しずつ和らぎ、でも油断はまだ許されない、、
そんな不安定な時期かと思います。

7/1夕方まったりと今日の読売新聞を読んでいました。
職業柄、虐待という文字を見ると、またか、、という気持ちと
やっぱり目を反らせられない。。

都児童相談センター協力弁護士
磯谷 文明さんという方の記事でした。

とにかく児相への虐待通告件数は全国的にも増加傾向
10年前の5倍以上。

今年4月には世田谷区と江戸川区にも児相が開設となりましたが
人材を確保できず開設を延期した区もあるそうです。

これだけ人手が足りず、でも件数は多くなる、ベテランは自身の担当の他
若手指導など、、
児相の現場はまさに目が回る忙しさですよね。。

私たちはまさに子育てが始まる赤ちゃんも家族もホヤホヤの時期をサポートしています。
出産=おめでとう!の時期でもあると同時に、
悲しいですが、こんな現実もあるのが産後です。

IMG-1421

H26年度厚労省調べ
マドレボニータ吉田紫磨子先生より

0歳児が一番多い対象に。。
しかも加害者の6割が実母という。。

もともと荒々しい性格だったから?鬼母だから?
決してそうではないんです。
産後はとにかく出産で体力が消耗して、でも育児は待った無しで始まります。
体のあちこちが痛み、トラブルも(おっぱいが張る、乳首が切れる、会陰キズ、子宮が収縮、眠れないetc)

こんな症状を抱えて正気にならない、なれないのが産後なんです。

つい叩いてしまう。実際私も覚えがあります。
その後、自己嫌悪に陥り、私ってそんな気性悪かったっけ?
こんな思いするのは私だけなんじゃ?と不安になりました。
でもこんなこと誰にも相談できないし。。><

だから本当に人ごととは思えず、叩いてエスカレートしたその先を
考えると、、実際ニュースで取り上げられる例は身近に思えて
紙一重とも思えます。

子供が傷ついてから、ましてや亡くなってしまってからでは
どうしようもありません。

これからも寄り添いの精神を軸に、
新しい家族を迎えたホヤホヤのご家庭を暖かくサポートさせて
頂きます。

zoom de 打ち合わせ〜パートナー編

みなさん こんにちは、

産後ドゥーラみかどくみこです。

5/20現在、世の中の動きも
そろそろ緊急事態 解除の方向か?!
という感じになってきつつあります。

でもまだ油断は許されない状態。。
そんな最中でも、妊娠、出産、産後はまった無しです。

本日も午前中にお一家庭とzoom de 打ち合わせをさせて頂きました。
当初予定では産前お打ち合わせの予定でしたが、
前日に、破水、そして超安産での第一子ご出産とのことで(本当におめでとうございます!!)
母子ともご入院中ですので
男性パートナーの
方のみとのお打ち合わせとなりました。

事前のメールでのやり取りや送付したファイル内容もご夫婦で共有して
いただいてたので、とてもスムーズだったのではと思います。

もしメールを妻のみ把握していたら、破水!となった時点で色々と
話すのも正直まどろっこしいですよね。。

で、何をお伝えしたいのかというと

産後ドゥーラとのメールやり取りは
ぜひご夫婦・パートナーと共有して置いた方がやっぱりいい!

ということです。
特に直接お話に加わることができなくても、、
内容を把握していただくだけでも全然違うと思うんです。

なので、パートナーに一言
「ドゥーラさんとのメールにCcで入れておくね」
と一言添えていただけたら幸いです。

どんな出産スタイルであれ、いつどういう状況になるかが
はっきり予測できない状況と思われます。
特に産後に何か変更があった時など、やっぱりスムーズに
ことが運ぶことが一番だと思います。

コロナ以前から、ご夫婦でメールを共有して
いただくことも多かったのですが、
今回の例も含め、改めて強く思えました。

サポート活動も引き続き三密を避けて
活動させていただいております。

この状況でどんなサポートと思われた方はこちら

ここまで読んで頂きありがとうございます。
ひきつづき皆さまもどうぞお自愛しお過ごしくださいませ☆

オンライン産前お打ち合わせ

こんにちは。

ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 三門久美子です。

現在オンラインでも産前お打ち合わせをさせていただいております。
zoomの扱いもようやく色々と把握し始めたところですww。

打ち合わせに限らず、ちょっと色々聞いてみたいとか、
どんな内容でも引き続きいつでもウエルカムです!!
お気軽にお好きな飲み物でも飲みながらどうぞ^o^

先ほど、お一人の方と産前お打ち合わせをさせて頂きました。
実際対面で伺った時と比べて、、
なんら大きな差を感じなかったんですよね〜。

事前に必要な書類をメールでお送りし、
先方もプリントアウトしていただいて(プリント必須ではありませんので)
改めて確認させていただいたり、

小さな上のお子様も同席?していただいてます。
実際お伺いする場合でもオンラインでも
基本、ご同席大歓迎です!

お子様にとったら直接伺った時に覚えてないかもしれませんがww

あ、会ったことあるかな〜。。見たことあったかな〜
と少しでも思ってくれてるのと
まーーーったく初対面とでは
感じ方違うと思うんです。。

ただでさえ上のお子様にしたら
いきなり知らない人がやってきたり、
ママはお腹大きかったとは言え
いざ赤ちゃん生まれてしばらく帰ってこない、
帰ってきても赤ちゃんとべったりで
自分のこと全然かまってくれない、、
と環境が激動します。

ということでよく未就学児のお子様ご同席に
躊躇されることもありますが
サポートでお会いする可能性がある場合は
むしろおすすめしています。

現状、サポート内容にも制限があり、
産後ドゥーラがモットーとしている
「おっぱい以外の子育てはみんなに手伝ってもらおう。」
というテーマになかなか添えず、心苦しく思っております。。

緊急事態宣言を受けてのドゥーラ協会ガイドラインです。

5/14現在ニュースでも徐々に緩和のニュースも
耳にする機会が増えてきつつあります。
1日も早くまた皆さまのところへ
サポートに伺えますように

しっかり体調を整えて
いきたいと思います。

オンラインドゥーラサポートスタート!!

みなさん こんにちは!

日々コロナのニュースやテレビ画面の数字にやきもきしたり
そんな世の中でも妊娠、出産、産後はまった無しです。

ですが、サポートに来てもらうのは正直、今はちょっとはばかられる。。
でも高齢の親には頼れないし、来てもらうのも里帰りも感染が気になる。。

「でもこの現状、、どうしたらいいのーーーーーーー?!」

という方も多くいらっしゃるかと思います。

今回オンラインでつなぎながら(zoom,facetime,line通話で)
・困っていること・ご希望etcをお聞きする。
・ご相談、やり方、アドバイスをさせていただくという
・今のお気持ち、お話を聴く

オンラインドゥーラサポートをスタートしました!

〜内容〜
・現状をご一緒に把握し、今必要なこと、ものを考えてみる、こうだったらいいなと思うこと
ご提案など
・料理を作ってみる
(食材・冷蔵庫内こんな感じであるんだけど、、〇〇が食べたい&作ってみたい、妊娠、産後に良い食事ってなに?etc)
・赤ちゃんの沐浴ご指導
・お子さんとオンラインde遊ぼう(対象:未就学児〜小学校6年生まで→遊んでくれるかな💦)
・抱っこ、オムツ替え、母乳をあげる姿勢(肩こり腰痛予防、セルフケア)
NPO法人マドレボニータのセルフケアより

※料理・沐浴に関して・・産後1ヶ月以内の方は男性パートナーに実践していただきます。

産後ドゥーラが
ご一緒に生活の「困った!」を解決しようというオンラインドゥーラサポートです。

〜オンラインドゥーラサポート〜

1時間程度。お試し期間中です!無料とさせて頂きます。

気になるかた、まずはお気軽にお問い合わせくださいね!

できることから~オンラインdeすまいるお茶会

【オンラインdeすまいるお茶会】

みなさま、こんにちは^o^

自宅での生活、いかがおすごしでしょうか。

私は、ドゥーラ活動もご要望ある限りは
他者と濃厚接触にならないよう、また手洗い、うがいなどできる限り気をつけて
活動をしている現在です。

伺う頻度は以前より少なく、おうち時間が長くなりました。

そんな中、産後ドゥーラとして何ができるかな・・
と日々考えています。

私のモットーとしては、とにかく産後1ヶ月は
横になって骨盤、心身を休ませてもらうことを第一にしています。
が、サポート先へ伺えないとなるとそれも厳しい状況です。

コロナのニュースが日々飛び交う現在、
外に出ることや、他者との接触も遠慮し、
両親学級中止や診察のため病院に行くことも以前より
神経を使ったり><
いろんな弊害が出てきていると思われます。

ちょっと話を聞いてほしい
大人、他人と話をしていない。。

過去に私がサポートに伺わせていただいた方も
どうぞお気軽に!
「子どもがこんなに大きくなりましたよ〜」
とか、今こんな感じで過ごしてます〜など
近況も大歓迎です!!!

なので、
気軽にふらっとアクセスしていただいて
色々とおしゃべりしませんか〜〜^o^☕️

どんな方がコンタクトとってくださるのか
何より私が楽しみであります!!

対象:どなたでもww(男女問いません。パートナーとご一緒もぜひ!)

・特に相談というわけではないけれど。。
・最近大人と喋っていないな〜
・今こんな気持ち
・三門さん元気にしてる?ww
・ほんとなんとなく
・ドゥーラのことよく知りたい
・そもそもドゥーラってなに??

なーんでも結構です^^b
お子さん同伴も可。

とにかく、特に今「私が快適でいること」が何より大事な気がします。
小さなお子さんがいたりすると、かまってモードになり
自分の意思とは関係なかったりでイライラしてしまうことも多々あるかと思います。
もう手放して一緒に遊んでしまえたら良いのかもしれませんがww

パートナーが在宅でしたら、少しの時間保育を頼んだり
それも厳しければどうぞご一緒にお話しましょう❣️

みなさんの「今」
どうぞ聴かせてくださいねーー☆

コンタクト方法は2つのうちどれか
①こちらのHPの「お申し込み・予約」ページから「お問い合わせ」のページにて
②すでに三門のメルアド他アクセス方法知ってるよという方はそこからでも

記入してもらうこと4つ
①お名前
②三門とのご関係:新規・過去サポートあり(⚪︎年いつ頃)・その他
③平日第5希望までの日程と時間
④zoomとしてますが、(PC、タブレット、iphoneなどで設定できる方)もしできない方はfacetime,LINE通話も

できることから
試行錯誤していきたいと思いますo^^o

時間帯:9:00-18:00まで
お話時間:30分程度
無料です^^
お話後にご感想をお願いします。(アドバイス、こんなのあったら良い、もうちょっとこうしたら?など叱咤激励も大歓迎です!)

新型コロナウイルス感染拡大の状況において(ドゥーラ協会事務局より)

みなさまこんにちは、

先ほど4/9午前中、緊急事態宣言に伴うドゥーラサポートの実施について
ドゥーラ協会事務局より連絡がございました。

改めて下記のとおり状況確認をさせていただいた上で
サポート実施とさせていただきます。

●すまいるドゥーラが体調不良等、不安なときはサポートをお断りさせていただきます。
(新型コロナウイルスに限りません。感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に定められた感染症)

●サポート先の健康状態、状況を確認いたします。
サポートに入る前に、必ずサポート先のご家族全員について健康状態や、感染の可能性がないかを確認させていただきます。もし一人でも体調が優れない方がいる場合、感染の可能性がある場合には、サポートをお断りさせていただきます。感染症の拡大を防止するためです。

●サポート先の事情を考慮させていただきます。
ドゥーラサポートには福祉的な側面もあるため、緊急でサポートを必要としている家庭、児童虐待防止の観点から行かなければならないケースもございます。
サポート先の状況を見きわめた上で、訪問する際にはじゅうぶんな対策(手洗い、うがい、消毒等)を行ってサポートさせていただきます。

反対に緊急を要するケースではない場合、サポート日程の延期を提案する選択肢を取らせていただきます。

●「3密」にならないように配慮いたします。
感染対策として求められている「3密(密閉・密集・密接)」を避けるために、サポート内容の見直しをいたします。
たとえば
・マッサージなど密接するようなサポートは行わない
・じゅうぶんに換気を行う
・サポート中はご家族・赤ちゃんには別の部屋にいてもらう
などとなります。

緊急事態宣言の対象地域となりました方々には、特に妊娠中、小さいお子さまとご一緒の方には、心身ともに消耗してしまう日々かと思われます。

まずはご自身の健康、ご家族の健康を保っていただきますよう、日々の生活を送っていただきたいです。

何卒どうぞよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス緊急事態宣言を受けて

こんにちは
みなさまいかがおすごしでしょうか。

令和2年4月7日より
政府による新型コロナウイルスにおける緊急事態宣言を受けて
ドゥーラサポートをさせていただくことにおいて
改めて下記の通り当面の間、感染拡大防止のため以下の方のサポートはお断りさせて頂きます。
 
・新型コロナウィルス感染者と濃厚接触をされた方
・発熱や呼吸器症状、倦怠感がある方(過去2週間以内)
・ご高齢者と同居されている方
・その他、何かしらの懸念点がある方
・直近の3ヶ月間で海外への渡航履歴がある方
 
ひきつづき、手洗いうがいなどの衛生面の徹底をいたします。

家で過ごすことにより少しでも不安をとり除くことができますように。

ご理解とご協力をお願い致します。

サポートご感想いただきました。江東区Sさま

先日サポートさせていただいたお宅にて
ご感想いただきました!

江東区在住Sさま 第一子ご出産

「三門さん、約1ヶ月の間お世話になり、ありがとうございました。

いつも美味しいお料理を作って頂き、おかげ様で身体も回復しました。
何気ない会話の中でも、精神的にもサポートして頂きました。

家族以外に家事サポートなども頼んだ事がなかったので、気を遣って逆に疲れてしまうかな?などと最初は少し心配していましたが、
三門さんはお会いした瞬間から親しみやすくて、和みました。

何より、初日の息子の三門さんに対する恍惚とした表情が忘れられません。笑

とても綺麗で温かい気みたいなのを持っていらっしゃって、素敵だなぁと思っています。

産後ドゥーラのお仕事はとても重要で、これからも三門さんの力を必要とする方も大勢いると思いますのでお身体に気をつけて(私が言うのもナンですが(hee))これからも頑張ってください(love)(ok)
またどこかでお会い出来ることを楽しみにしています!

どうもありがとうございました。」

Sさま曰く、長時間の陣痛から産後、しびれや歩くこともままならなかったとのこと。
初めてお会いした時はSさまの顔色は青白い印象を受け、赤ちゃんをずっと抱っこすることが
できず連日サポートにいらしたお母さまの助けなしではいられないご様子でした。

ご自分でできる自立神経を整えるセルフケアをお伝えしたり(マドレボニータ産後クラスで教わったことを
伝授!)
ご自身でもご近所にある鍼灸や、よもぎ蒸しなど積極的にご自分をケアされていました。(素晴らしい!!)

日に日にお伺いするごとに体調も回復されて顔色も良くなり⇧、私が伺う最後の日は
ほとんどご自分で赤ちゃんのお世話ができるように!!

パートナーも育休をとることになり、それまでの期間サポートさせていただきました。
Sさまからの励まし、力強いメッセージ(かなり大照れな部分もありますが。。)
これからの励みとなります。

こちらこそ本当にありがとうございましたーーーー!!!

2019年に向けて

今年も江東区内、または近隣地域でサポートさせて頂きました。まことにありがとうございました。

2019年は妊娠・出産・産後を迎えるご家族にとって、より安心で豊かな生活が送れますように、
そしてパートナーシップの絆がさらに深められるようなご提案をしていきたいと思います。

そのためにHPご案内も一部訂正もございます。
<例>産前お打ち合わせについてはご夫婦・カップル同席をお願いいたします。他

来年も多くのご家庭の笑顔がたくさん見られますように
精一杯サポートに務めていきたいと存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。

写真:すべてはここから始まったということで
約12年前の産後(直後)の写真です。

49239543_2261964533849430_1726158815235145728_n

ドゥーラ協会チャリティーTシャツ他グッズ限定発売でーす!

な・ん・と!

今週11/12月曜~18日曜まで
ドゥーラ協会初!チャリティーグッズ販売が開催中です!
普段使いもバッチリ可能なとてもおしゃれなデザイン&
機能性もグーー!

協会ページより

「今回の「JAMMIN×ドゥーラ協会」コラボアイテムを 1 アイテム買うごとに 700 円がチャリティーされ、障がい のある子どもを育てるお母さんなど、産後、特に支援が必要とされる女性とその家庭へ、「産前産後のドゥーラ サポート」を届けるための資金を集めます。」

私はパーカーとAラインTシャツと子供用に基本Tシャツ水色Sサイズを購入!

ロゴの意味は(製作JAMMIN様より)

”The more we share, the more we have”、「周囲と分かち合えば分かち合うほど、もっと豊かになれる」というメッセージをタイポグラフィーに落とし込みました。
文字の周りに描かれたアサガオの花言葉は「愛情の絆」。
寄り添ってつながりを築いていく先に、大輪の花を咲かせる未来がある。そんな意味が込められています。
そして、アサガオの蔦をよくみると、隠し文字で「doula(ドゥーラ)」の文字が。
「今後、日本でドゥーラさんがもっともっと増えていってほしい」という願いが込められています。

素敵でしょう??(自画自賛)

オシャレに着てさりげなく産後女性のために
チャリティーいかがですか☆