響整体HPにすまいるドゥーラサポートが掲載されました!

みなさま

こんにちは、
新緑の季節に差し掛かってきましたね。
仕事の道中も新緑がとても綺麗で
歩くのがとても楽しいです!

先日、妊産婦さん向けに整体をされている
響気整体の吉村光弘さんとお会いする機会がありました。
同じく産後ケアに関わる者同士
気持ちの共通点も多く
とても有意義な時間でした。
ついついお話しやすく
長文となりましたが(吉村さん、まとめて頂きありがとうございます!)
ぜひHPもご覧になってくださいませ☆

「響気整体」(東京都内・横浜・川崎圏内出張施術)
http://hibiki-seitai.net/free/dialogue3

東京都子育て支援員研修修了証書 頂きました!

東京都子育て支援員研修修了証書
頂きました!
平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」がスタート。
都より地域の子育て支援の担い手がますます求められています。
育児経験が豊富かつ子育て支援に関わりたい、また既に保育の現場で働いてた方も一緒に研修が行なわれました。
子ども達がのびのびと、かつ安全に、生活できる場や感性豊かな経験を体感してもらうためにも今回新たに学んだことをサポート宅や現場で活かしたいと思います。

東京都子育て支援員研修について

unnamed

2/17読売新聞夕刊にて取材記事掲載されました!!

こんにちは、産後ドゥーラ三門です。

2月17日金曜、読売新聞・夕刊「しごと図鑑」にて、
一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ三門の取材記事が掲載されました(初)!!unnamed
産後はまさに子育てスタートの入り口。ですが出産という大仕事後の体は赤ちゃんが生まれ胎盤も剥がれ、骨盤もグラグラ、ホルモンバランス激動、子宮収縮、寝不足、おっぱいが痛いなどなど全ての産後女性がケアされるべきです。
地域によって活動が認知され助成金補助も得られたりドゥ一ラも着実に増えています。
これからも地域に根差した活動と、ケアの重要性を広めていきます。

取材に快く応じて下さったご利用者Sさま、事務局の皆さま、素晴らしい記事にして頂いた記者の方、ご利用者皆さま、活動を応援してくれている皆さまへ改めて感謝したいと思います。

第1回 夢を語ろう 子育てカフェに参加しました。

1/28(土)こうとう親子センター主催の
第1回 夢を語ろう 子育てカフェに参加してきました。

江東区内には子育てに関する民間・NPO法人・個人活動など大変多くあります。昨年は江東区内で初の子育てメッセが大盛況で第一回の幕を閉じました。
それぞれがとても素晴らしい活動をしている中、行政とそれぞれの団体の繫がり(縦の繫がり)はあるが団体同士の繫がり(横の繫がり)がなかなか築きにくいという現実。。
それぞれの団体同士ぜひ意見・情報交換をして(子育てネットワークの構築)より江東区が子育てしやすい地域になって欲しいという願いから今回実現されました。
主催のこうとう親子センター代表 藤沢千代勝さまはじめ多くのカフェ開催にあたりご尽力いただいたおかげで、どこかでチラッとお聞きしたことのある団体の代表者さまや区の子育て支援課長、江東区社会福祉協議会の方も交えて様々な活発な意見があがりました。

数年かかるであろう議題やすぐにでも取りかかれそうなことも含め
表題のとおりまさに「夢を語る」時間でした。
まずは言葉にして発信することが本当に大事で、できるかどうかは抜きに最初の一歩を踏み出す。今回のカフェもまずはそれぞれの意見を持ち寄って会って話すという第一歩だったと思います。(カフェという名の通りお茶とお菓子もいただきました^^)

多くは団体に所属してる方が多かったと思いましたが、参加対象にはまさに子育て真っ只中のお母様も数名いらっしゃいました。
どうぞ自由に意見を!とのことで日頃思っていることなど言葉にしてみたらもしかしたら実現するかも?!
みなさまの熱気溢れる2時間でした。

ちなみに私個人の子育て支援に関する意見として2つ事前に提案させて頂きました。
「①パートナー(主に男性)の働き方について
②産後女性の心と体の変化、夫婦で取り組み共有すること
です。

①子育ての悩みや不安を感じる→一般的に行政・地区の子育てサロン・子育てに関する施設等へ相談するという流れがあるように感じます。もちろんそのような受け皿や相談を聞いてくれる場所があることも大変必要と感じますが、まずは子育ての一番の理解者や相談相手はパートナー(夫)であって欲しいという願いです。

パートナーの平日の残業や勤務体制によりまだまだ子育て・家事の殆どを妻に任せっきりという家庭が多いように感じています。

そして妻側も自分がするべきというような思い込みや概念のせいで体力・精神的に追い込んでしまう傾向も感じます。

職場の理解や体制などで大きな変革を試みるというのは簡単ではないと思いますが、そもそも定時退社というのは何のために設定されてるのかということも含め、せめて○曜日は早く帰るとかできることから働きかけをしてみることなら出来るんじゃと思います。

自身の経験もふくめ子育てで大変な時間帯は夕方から夜寝かしつけの間と思います。保育園お迎え、夜ごはんの準備、食べさせる、片付け、その間に下の子のケア、お風呂に入れる、洗う、その後の着替え手伝い、寝かしつけ等等。

その時間に自分以外の手があることでどれだけ精神的に助かるか。ワンオペ育児は不可能であると断言したいです。

②産後女性の心と体の変化、傾向について夫婦で取り組み学ぶこと。

妊娠・出産本は数多く出版されてますが、まだまだ産後について学ぶ機会が

圧倒的に少ないと考えています。

実際子育ては産後から始まっています。

妊娠、出産時は検診や母子手帳など行政や地域、病院では検診費も助成してくれてとても手厚いですが産後に関しては一ヶ月検診や保健師訪問の一時のみです。

日々の生活の面からの支えやケア方法、もちろん産後女性の自身の働きかけも大切ですがここでも一番の理解者は夫であるパートナーであって欲しいという願いです。

産後のホルモンバランスや体の急激な変化や陥りやすいマインド、安静して生活できる環境を整えるのをぜひ産前から夫婦で考えていくことが大事だと痛感しています」

長くなりましたが💦上記2項目を提案させていただきました。
具体的にどうするかというのは、やはり妊娠期の両親学級等で夫婦で取り組んで欲しいというのと、産後生活のマネジメントは夫であるパートナーの役目ではないかと思っています。(産後女性は養生が仕事であるからです)

私の仕事柄、妊娠期からお産後(産褥期)の期間にお会いすることが多いのですが、子育ては産後から始まっています!(2度言ってます💦)
その時に夫婦で取り組むことが今後の育児生活に多いに関わってくると痛感しています。

ドゥーラの役目はまさに外気を入れる風穴であり、育児、家事支援の他、住んでいる地域のネットワークの情報提供も役目の1つと思っています。
なのでまさに地域で子育て支援に関わる方とお会いできること、連携を取っていけることは大変嬉しい機会でした。
お互いの活動にとってもプラスとなりそれが地域貢献となり
循環してより子育てしやすく住みやすい地域となれたらと思います。

なんとこちらの子育てカフェは第2回目も既に決まっているそうです!
2017年3月25日(土)10:00-12:00
江東区東川小学校1階ランチルームです。
詳しい詳細やご参加についてなどは
こちらでお尋ねくださいませ。
こうとう親子センター
http://www.kotooyako.com

終了後
こうとう親子センター藤沢さまと
マドレボニータボールエクササイズ指導士「しゃー」こと小田綾さんと記念撮影☆
IMG_4195

読売新聞様より取材を受けました!

産後ドゥーラサポート活動内容を読売新聞様に取材していただきました!
ドゥーラへの経緯、サポートする上での心がまえや、ご利用者にとってどうありたいかなど取材していただきました。
伺ったお宅は産後1ヶ月(第二子)経ち、料理作りおき、フローリングお掃除、沐浴介助、上の子(3歳)の保育園お迎えなどのサポート中です。
掲載についても大変快く受けてくださりました!ありがとうございます!!
「家事をして赤ちゃん、上の子のケアまでしてくれるサービスはなかなか無いですよね〜」
とおっしゃっていただきこちらも嬉し涙。。

これからもますます認知度が増えていきますように!
こういうサービスがあることを知らなかったでは遅いですから〜〜!

16002850_1312290158845572_6422044193558557293_n

15977439_1312290178845570_5749309429630906364_n15966255_1312290212178900_241280696204198743_n

東京都子育て支援員研修初日でした。

【東京都子育て支援員研修受講スタートしました】

東京都飯田橋レインボービルにて
上記講座初日でした。
産後ドゥ一ラとして家庭内一時保育や上のお子さんと触れ合う機会も多く今期に参加しました。

待機児童問題等でもますますクロ一ズアップされている保育支援員。
同じく保育に関わる者として質、知識をより深め、改善しつつ学んだ知識を還元していきたいと思います。

東京都子育て支援員研修について

国会にて!!産後ドゥーラが取り上げられました!

みなさまこんにちは。

ビッグニュースです!

10/13(木)の国会中継にて

産後ケアがとりあげられました!

img_3886

img_3887

img_3888

img_3889

・出産前の身体に戻るまでに6〜8週間が必要(←とありますが私個人的には完全に元通りになるとは思ってないです。)

・6割の人が出産直後から4ヶ月の間に不安や負担を感じている(←やはりツッこませて頂くとあくまで「はい、私不安や負担を感じています」と宣言した人の数で表にださずに実はそうだったという方も多いのでは。。)

まさに産後ドゥーラがサポートするのは上記の期間です。
もちろん一番の心のパートナーは夫であるパートナーであると考えたうえ、足りないサポートを補うというスタンスで活動しています。
100%全ての家事・育児を夫婦で乗り切るというのも実際されてる方もいらっしゃると思いますし素晴らしいことだと思ってますが、どこかで息詰る、なんでオレばかり、、私ばかり、、という思いもきっと垣間みるのではないでしょうか。

密室育児になりがちな時期にまさに外からの風穴をあけるという役目も多いに担っています。話すことでフッと気持ちが軽くなり、鬱々とした気持ちを客観視できたり。。

もちろん家事もふくめ産後家庭をまるっと受け止めることができる、これからも
みなさまにより広く認知していただけるように日々活動していきたいと思います。

写真提供:NPO法人マドレボニータ
仲井果菜子産後セルフケアインストラクター
貫名友里産後セルフケアインストラクターより拝借しました。

子育てのスタートをみんなで支えよう〜2016マドレボニータデイに参加してきました。

毎年参加させていただいている
マドレボニータの年一回のスペシャルイベント
マドレボニータデイ2016にやっぱり今年も行ってきました。

img_3835

今年のテーマは「子育てのスタートをみんなで考えよう」
産後という言葉が多くでてきた昨今、
それでも今だ妊娠出産のカテゴリーについては
女子供の問題?
じゃなくて、
社会で支えていかなければならない問題と代表吉岡マコ先生。

産後というのは表向きは(きっと誰しも?)
・赤ちゃんが産まれてなにより幸せ!!
・この子以外何もいらないっっ
・これからよりパートナーとラブラブで仲良くなれそう。。

でも同じ時期に
①産後うつ
②夫婦不和
③乳児虐待
というリスクも含みがちです。
これから出産を控える人には水を差しそうで言いづらいですよね。。

そんな状況を改善すべく今回イベントのメインともなる
ファミリースタートという出産・産後の準備アプリが
本日解禁となりお披露目がありました。
(これはGoogleインパクトチャレンジでマドレがグランプリを受賞!
その助成金で開発されたアプリです)

アプリについて

img_3834

産後の問題解決の大きな壁として
・知らない
・受け入れられない
・実践できない
・発揮できない

でもそれをテクノロジーとコミュニティの力で
解決していこうというまさにイノベーティブなお話盛り沢山でした。

ドゥーラで伺った際もぜひぜひこのアプリをご紹介して
役立てて欲しいし、周りのみんなで状況を知ってもらい、
今この人に何ができるのかを考え発揮してもらえたらと思います。
産後というのはほんとうに待ったなしです。いつでも行けるからと思うと
本当に大変な産後は過ぎてしまいます。。

事務局長太田智子さんの企業向けプレゼン内容のシェアもすばらしかったです。
産後ケア(この場合、復職支援プログラム&講座&講演)を個人の偶然に任せている状態・・・格差を産む
企業で産後ケアを導入すれば社内の格差がなくなり、万全の体調で
社員が力を発揮できる!
企業が戦略的に産後ケアを活用するという提案!!

市や金融系企業、新聞社などで多社での実績をあげ
さらに受け入れる企業を増やしているとのこと!
孤独な育児、産後を送っている人、多くの人に届いてほしいです。

そして我がドゥーラ協会事務局有山さんも参加しており
突然の?プレゼンタイム!!

img_3831

アピールさせていただいて良かったです!

出産〜産後をすごしたあれこれをご夫婦で話していただいた
ソーシャルベンチャーパートナーズ東京(SVS東京)
井上さんご夫妻

img_3833

ご夫婦ともマドレとは深い仲で産後については知っていた、
でもいざ自分の子供が産まれることについては壁を作ってしまったと
井上さん。
でもマコ先生はじめ周りの上質なおせっかいのおかげで
心を開け、介入してくれた。
サポートする側からの「開いてくれてうれしい」との言葉が
聞けて、産前よりさらに絆が深まりますよね。

それでもやはり夫婦が息詰ってしまうのが産後。。
自分がどういう状況にいるのか気付く(夫も妻も)
何に怒ってるのか?
何がしんどいのか?

人は自分を守ろうとするとネガティブ思考になるんだそう。
なので自分の元気になる源やエネルギーを感じることを思い浮べると
脳がよろこぶそうです。
井上さんの妻は夜間の授乳中、しんどい中、ビーチで授乳してる所を想像し(!)
何と数ヶ月後、沖縄へ家族で行った際まさにビーチで授乳したとか(!!)

ドゥーラにも産後お世話になったそうです。
関西から栃木と産後移動(妻の実家から自宅へ)されたそうですが
それぞれの近隣ドゥーラにきてもらったとのこと!
そしてそのサポートがものすごく有り難かったとおっしゃってくれました。
それぞれ関西と栃木のドゥーラも今日は参加しておりお話できました。

今回マドレデイは5回目を迎え、目立ったのは
男性の多さ!そして子どもがまだ居なくてもこういうイベントに興味が
あってと単身で参加された方も。
やっぱり男性の理解とコミットはほんとうに心強いですし、
そこが産後の肝でもあるかなと思えました。

ぜひぜひ多くの人に産後という実態を知ってもらい
(アプリにたくさん事例が出ています!)
悲しい被害者、そして加害者が出ないよう
私達も沢山周知そして活動していきたいです。

img_3840

そんな私が今日の感想で書いた一言

img_3842

勇気をもって実践あるのみ!

敬愛するマドレのみなさまと
アプリ枠に収まってみました。(お写真拝借しました)

img_3844

私、小屋からでられない犬みたいですが。。
でもこの場で多くの書き切れない沢山のパワーあふれる話が聞けて
自分の意見も言える場があって、同じ気持ちをもった仲間との再会、
出会いはやっぱり嬉しい。

今年もありがとうございました!!!!!

サポートご感想いただきました。

久々のブログ更新となりました。
7月に入り、蒸し暑い日がつづいておりますね。

6月にサポートさせていただいたKさまより
サポート終了後メッセージをいただきました。
一部ですがご了承いただきましたのでご紹介させていただきます。

「おかげさまで、産後7週が過ぎ私の体も楽になり
息子Kも4000gを越え、助産院でみてもらい、直接母乳もできるようになりました。
今は日に1.2回ミルクを足すような感じです。

搾乳機からも解放され、なんとか腱鞘炎は免れました。
ここ2週間は毎日おっぱい道場の日々でした、、。

産褥期の心身共に不安定な時期を美味しい料理などでサポート頂いた三門さんには、心から感謝しております。
本当にありがとうございました」

Kさま、こちらこそありがとうございました。
妊娠後期にお会いした時は、経過は順調とのことでしたが
その後切迫早産が予想され緊急入院、2週間は安静にしていたとのこと。
予定日より約3週間早くご出産されました。

ご退院後は赤ちゃんが小さめで直接母乳も沢山飲めていないとの
ことでしたが助産院のフォロー検診等のおかげでメッセージで
頂いた通り、赤ちゃんも大きく成長、ご順調にお育ちのようで本当に
良かったと思いました。

産後直後は外に出られず母子との密室育児になりがちです。
その間、赤ちゃんの生死にも関わると思われる悩みや、自身の心身のことなど
後々話を聴く時には、そうだったんだという過去にしかなりません。

大変な真っ只中に話を聴く、手を差し伸べるというのがいかに大事なことか
、ドゥーラとしてできること、もちろん一番身近なパートナーだからこそできること、血縁でのつながり、地域、友人と、多くの方と接して(もちろん無理のない範囲で)
豊かな産後を送ってほしいと改めて思いました。