サポートご感想いただきました。江東区森下ご在住 酒田さま

H29/6月に約1ヶ月サポートさせていただいた
江東区森下ご在住の酒田さま(3人目ご出産)より
ご感想いただきました!

「三門さん

こんにちは。酒田です。
今日はラストということで、お料理を教えてもらったり、最後は延長してマッサージまでしていただいて、本当にありがとうございました。
次のご予定は大丈夫でしたか?

この一ヶ月、毎週三門さんが家に来て、おいしいおかずを作ってくれて、
産後という大変な時期に家事のサポート以上に安心やゆとりの気持ちをもたせてくれました。

初め、ドゥーラさんにお願いするなんて贅沢かしら?と思ってましたが、
1ヶ月を終えてみて、お願いしてよかったぁぁ!と思ってます。

これからは、ごはんのおかずの作り置きも、なんとか出来そうかな…って思ってます。出汁をとって何品か作る発想も、やり方も目からウロコでした!

来週からは三人育児のアクセルを踏んで、頑張りたいと思います!
またFacebookとかで絡んでくださいね。

何年後かに、今度は三好の新居で三門さんに産後ケアをお願いできるのを楽しみにしてます♡

酒田絵美」

酒田さま、とっても嬉しいご感想
改めてありがとうございました!

産前事前お打合せもご家族そろっていただき
パートナーとお二人で産後に向けて
いろいろとお話合いされたんですよね。

ご近所の親しくされてる方やいろんな方の
手をかりてお過ごしになられていました。

ドゥーラサポートは贅沢とお考えの方もきっと少なくないと思っています。
育児グッズやマタニティ用品を買いそろえるのと同じく
ぜひ産後女性の心身のケアを念頭に入れていただきたいです。
産後の養生はこれからの子育てに向けての土台づくり。
心もカラダもゆったりと整えていただきたいです。

こうしてサポートとできるのも
酒田さま、ご家族みなさまのご理解があってのことと
思っています。

ちょうど上のお子さんとウチの娘が同年代というのもあり
高学年女子、PTAあるある話などなど、、
いろいろと沢山お話できたのもとても楽しい時間でした。

メッセージでもいただいた4人目👀!に向けて考えてらっしゃるのかな?!
もちろんぜひぜひまたお伺いさせていただきますよーーーー^o^b
嬉しいご報告おまちしておりまーす☆

セラピストドゥーラと同行サポート

先日サポ一ト中のご利用者宅へお二人のセラピストドゥ一ラの方に同行していただきました。
(お二方ともドゥーラ協会認定産後ドゥーラです)

「マタニティ&産後専門アロマケアサロンはなみらん」須田花香さん(写真)

足のむくみにお悩みがありましたが、施術後は一気にスッキリ!(写真撮らせて貰えば良かった💦)軽さが全然違う〜ととても喜んで頂きました。

「Osan to sango」田口愛乃さん

産前産後整体、タイ古式マッサージ、タイ産褥ケアユ一ファイなど幅広いケアに対応してます。
今のあなたのカラダに対してセルフケアやアドバイスも。
ゆったり身を委ねてご自身の体に向き合ってみませんか☆

すまいるが施術の合間に家事や赤ちゃんシッターも臨機応変に対応します。

19260333_1577421495637074_4679671975632388331_n

産後ドゥーラプレ講座にて

先日5/19(金)ドゥーラ協会プレ講座(ドゥーラになりたいor興味がある方向け)
にて日々のお仕事についてお話する機会がありました。
私も協会との初コンタクトはプレ講座でした。
こうして自分がドゥーラとして話すというのは何だか歓喜深い思いです。
同期の近藤さんとの対談形式というのもありとても話しやすかったです。
今日の講座の中で福島富士子先生のお話で基本の大事な生活習慣がままならなくなるのが産後であり、当たり前にできたことが出来なくなる、誰かに依存していかなくては生きていけない。
そんな子育てのスタートをサポートしていくドゥーラというのは
とても責任のある存在だと改めて思いました。
その時期をしっかり支えることで親子の生きる基礎力の向上となる。
生活は基本の大事な生活習慣の繰り返し。ここが整う、保てることが
一番の幸せであるということ。
会場にはドゥーラがとりあげられた記事や雑誌も多く閲覧できて
産後をとりまく環境は変わってきているなと実感しました。
でも子育てに関する悲しいニュースは後をたちません。
そんな現実もふまえつつ1人でも多くの人の支えとなり
産後ドゥーラという存在の意義や設立した背景なども
くみ取って貰えたらと思います。

18622514_1478845112190075_4514531830376640513_n

18582284_1478845142190072_4198496539004312147_n

18582271_1478845162190070_4499017859529258721_n

響整体HPにすまいるドゥーラサポートが掲載されました!

みなさま

こんにちは、
新緑の季節に差し掛かってきましたね。
仕事の道中も新緑がとても綺麗で
歩くのがとても楽しいです!

先日、妊産婦さん向けに整体をされている
響気整体の吉村光弘さんとお会いする機会がありました。
同じく産後ケアに関わる者同士
気持ちの共通点も多く
とても有意義な時間でした。
ついついお話しやすく
長文となりましたが(吉村さん、まとめて頂きありがとうございます!)
ぜひHPもご覧になってくださいませ☆

「響気整体」(東京都内・横浜・川崎圏内出張施術)
http://hibiki-seitai.net/free/dialogue3

東京都子育て支援員研修修了証書 頂きました!

東京都子育て支援員研修修了証書
頂きました!
平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」がスタート。
都より地域の子育て支援の担い手がますます求められています。
育児経験が豊富かつ子育て支援に関わりたい、また既に保育の現場で働いてた方も一緒に研修が行なわれました。
子ども達がのびのびと、かつ安全に、生活できる場や感性豊かな経験を体感してもらうためにも今回新たに学んだことをサポート宅や現場で活かしたいと思います。

東京都子育て支援員研修について

unnamed

2/17読売新聞夕刊にて取材記事掲載されました!!

こんにちは、産後ドゥーラ三門です。

2月17日金曜、読売新聞・夕刊「しごと図鑑」にて、
一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ三門の取材記事が掲載されました(初)!!unnamed
産後はまさに子育てスタートの入り口。ですが出産という大仕事後の体は赤ちゃんが生まれ胎盤も剥がれ、骨盤もグラグラ、ホルモンバランス激動、子宮収縮、寝不足、おっぱいが痛いなどなど全ての産後女性がケアされるべきです。
地域によって活動が認知され助成金補助も得られたりドゥ一ラも着実に増えています。
これからも地域に根差した活動と、ケアの重要性を広めていきます。

取材に快く応じて下さったご利用者Sさま、事務局の皆さま、素晴らしい記事にして頂いた記者の方、ご利用者皆さま、活動を応援してくれている皆さまへ改めて感謝したいと思います。

第1回 夢を語ろう 子育てカフェに参加しました。

1/28(土)こうとう親子センター主催の
第1回 夢を語ろう 子育てカフェに参加してきました。

江東区内には子育てに関する民間・NPO法人・個人活動など大変多くあります。昨年は江東区内で初の子育てメッセが大盛況で第一回の幕を閉じました。
それぞれがとても素晴らしい活動をしている中、行政とそれぞれの団体の繫がり(縦の繫がり)はあるが団体同士の繫がり(横の繫がり)がなかなか築きにくいという現実。。
それぞれの団体同士ぜひ意見・情報交換をして(子育てネットワークの構築)より江東区が子育てしやすい地域になって欲しいという願いから今回実現されました。
主催のこうとう親子センター代表 藤沢千代勝さまはじめ多くのカフェ開催にあたりご尽力いただいたおかげで、どこかでチラッとお聞きしたことのある団体の代表者さまや区の子育て支援課長、江東区社会福祉協議会の方も交えて様々な活発な意見があがりました。

数年かかるであろう議題やすぐにでも取りかかれそうなことも含め
表題のとおりまさに「夢を語る」時間でした。
まずは言葉にして発信することが本当に大事で、できるかどうかは抜きに最初の一歩を踏み出す。今回のカフェもまずはそれぞれの意見を持ち寄って会って話すという第一歩だったと思います。(カフェという名の通りお茶とお菓子もいただきました^^)

多くは団体に所属してる方が多かったと思いましたが、参加対象にはまさに子育て真っ只中のお母様も数名いらっしゃいました。
どうぞ自由に意見を!とのことで日頃思っていることなど言葉にしてみたらもしかしたら実現するかも?!
みなさまの熱気溢れる2時間でした。

ちなみに私個人の子育て支援に関する意見として2つ事前に提案させて頂きました。
「①パートナー(主に男性)の働き方について
②産後女性の心と体の変化、夫婦で取り組み共有すること
です。

①子育ての悩みや不安を感じる→一般的に行政・地区の子育てサロン・子育てに関する施設等へ相談するという流れがあるように感じます。もちろんそのような受け皿や相談を聞いてくれる場所があることも大変必要と感じますが、まずは子育ての一番の理解者や相談相手はパートナー(夫)であって欲しいという願いです。

パートナーの平日の残業や勤務体制によりまだまだ子育て・家事の殆どを妻に任せっきりという家庭が多いように感じています。

そして妻側も自分がするべきというような思い込みや概念のせいで体力・精神的に追い込んでしまう傾向も感じます。

職場の理解や体制などで大きな変革を試みるというのは簡単ではないと思いますが、そもそも定時退社というのは何のために設定されてるのかということも含め、せめて○曜日は早く帰るとかできることから働きかけをしてみることなら出来るんじゃと思います。

自身の経験もふくめ子育てで大変な時間帯は夕方から夜寝かしつけの間と思います。保育園お迎え、夜ごはんの準備、食べさせる、片付け、その間に下の子のケア、お風呂に入れる、洗う、その後の着替え手伝い、寝かしつけ等等。

その時間に自分以外の手があることでどれだけ精神的に助かるか。ワンオペ育児は不可能であると断言したいです。

②産後女性の心と体の変化、傾向について夫婦で取り組み学ぶこと。

妊娠・出産本は数多く出版されてますが、まだまだ産後について学ぶ機会が

圧倒的に少ないと考えています。

実際子育ては産後から始まっています。

妊娠、出産時は検診や母子手帳など行政や地域、病院では検診費も助成してくれてとても手厚いですが産後に関しては一ヶ月検診や保健師訪問の一時のみです。

日々の生活の面からの支えやケア方法、もちろん産後女性の自身の働きかけも大切ですがここでも一番の理解者は夫であるパートナーであって欲しいという願いです。

産後のホルモンバランスや体の急激な変化や陥りやすいマインド、安静して生活できる環境を整えるのをぜひ産前から夫婦で考えていくことが大事だと痛感しています」

長くなりましたが💦上記2項目を提案させていただきました。
具体的にどうするかというのは、やはり妊娠期の両親学級等で夫婦で取り組んで欲しいというのと、産後生活のマネジメントは夫であるパートナーの役目ではないかと思っています。(産後女性は養生が仕事であるからです)

私の仕事柄、妊娠期からお産後(産褥期)の期間にお会いすることが多いのですが、子育ては産後から始まっています!(2度言ってます💦)
その時に夫婦で取り組むことが今後の育児生活に多いに関わってくると痛感しています。

ドゥーラの役目はまさに外気を入れる風穴であり、育児、家事支援の他、住んでいる地域のネットワークの情報提供も役目の1つと思っています。
なのでまさに地域で子育て支援に関わる方とお会いできること、連携を取っていけることは大変嬉しい機会でした。
お互いの活動にとってもプラスとなりそれが地域貢献となり
循環してより子育てしやすく住みやすい地域となれたらと思います。

なんとこちらの子育てカフェは第2回目も既に決まっているそうです!
2017年3月25日(土)10:00-12:00
江東区東川小学校1階ランチルームです。
詳しい詳細やご参加についてなどは
こちらでお尋ねくださいませ。
こうとう親子センター
http://www.kotooyako.com

終了後
こうとう親子センター藤沢さまと
マドレボニータボールエクササイズ指導士「しゃー」こと小田綾さんと記念撮影☆
IMG_4195

読売新聞様より取材を受けました!

産後ドゥーラサポート活動内容を読売新聞様に取材していただきました!
ドゥーラへの経緯、サポートする上での心がまえや、ご利用者にとってどうありたいかなど取材していただきました。
伺ったお宅は産後1ヶ月(第二子)経ち、料理作りおき、フローリングお掃除、沐浴介助、上の子(3歳)の保育園お迎えなどのサポート中です。
掲載についても大変快く受けてくださりました!ありがとうございます!!
「家事をして赤ちゃん、上の子のケアまでしてくれるサービスはなかなか無いですよね〜」
とおっしゃっていただきこちらも嬉し涙。。

これからもますます認知度が増えていきますように!
こういうサービスがあることを知らなかったでは遅いですから〜〜!

16002850_1312290158845572_6422044193558557293_n

15977439_1312290178845570_5749309429630906364_n15966255_1312290212178900_241280696204198743_n

東京都子育て支援員研修初日でした。

【東京都子育て支援員研修受講スタートしました】

東京都飯田橋レインボービルにて
上記講座初日でした。
産後ドゥ一ラとして家庭内一時保育や上のお子さんと触れ合う機会も多く今期に参加しました。

待機児童問題等でもますますクロ一ズアップされている保育支援員。
同じく保育に関わる者として質、知識をより深め、改善しつつ学んだ知識を還元していきたいと思います。

東京都子育て支援員研修について