第1回 夢を語ろう 子育てカフェに参加しました。

1/28(土)こうとう親子センター主催の
第1回 夢を語ろう 子育てカフェに参加してきました。

江東区内には子育てに関する民間・NPO法人・個人活動など大変多くあります。昨年は江東区内で初の子育てメッセが大盛況で第一回の幕を閉じました。
それぞれがとても素晴らしい活動をしている中、行政とそれぞれの団体の繫がり(縦の繫がり)はあるが団体同士の繫がり(横の繫がり)がなかなか築きにくいという現実。。
それぞれの団体同士ぜひ意見・情報交換をして(子育てネットワークの構築)より江東区が子育てしやすい地域になって欲しいという願いから今回実現されました。
主催のこうとう親子センター代表 藤沢千代勝さまはじめ多くのカフェ開催にあたりご尽力いただいたおかげで、どこかでチラッとお聞きしたことのある団体の代表者さまや区の子育て支援課長、江東区社会福祉協議会の方も交えて様々な活発な意見があがりました。

数年かかるであろう議題やすぐにでも取りかかれそうなことも含め
表題のとおりまさに「夢を語る」時間でした。
まずは言葉にして発信することが本当に大事で、できるかどうかは抜きに最初の一歩を踏み出す。今回のカフェもまずはそれぞれの意見を持ち寄って会って話すという第一歩だったと思います。(カフェという名の通りお茶とお菓子もいただきました^^)

多くは団体に所属してる方が多かったと思いましたが、参加対象にはまさに子育て真っ只中のお母様も数名いらっしゃいました。
どうぞ自由に意見を!とのことで日頃思っていることなど言葉にしてみたらもしかしたら実現するかも?!
みなさまの熱気溢れる2時間でした。

ちなみに私個人の子育て支援に関する意見として2つ事前に提案させて頂きました。
「①パートナー(主に男性)の働き方について
②産後女性の心と体の変化、夫婦で取り組み共有すること
です。

①子育ての悩みや不安を感じる→一般的に行政・地区の子育てサロン・子育てに関する施設等へ相談するという流れがあるように感じます。もちろんそのような受け皿や相談を聞いてくれる場所があることも大変必要と感じますが、まずは子育ての一番の理解者や相談相手はパートナー(夫)であって欲しいという願いです。

パートナーの平日の残業や勤務体制によりまだまだ子育て・家事の殆どを妻に任せっきりという家庭が多いように感じています。

そして妻側も自分がするべきというような思い込みや概念のせいで体力・精神的に追い込んでしまう傾向も感じます。

職場の理解や体制などで大きな変革を試みるというのは簡単ではないと思いますが、そもそも定時退社というのは何のために設定されてるのかということも含め、せめて○曜日は早く帰るとかできることから働きかけをしてみることなら出来るんじゃと思います。

自身の経験もふくめ子育てで大変な時間帯は夕方から夜寝かしつけの間と思います。保育園お迎え、夜ごはんの準備、食べさせる、片付け、その間に下の子のケア、お風呂に入れる、洗う、その後の着替え手伝い、寝かしつけ等等。

その時間に自分以外の手があることでどれだけ精神的に助かるか。ワンオペ育児は不可能であると断言したいです。

②産後女性の心と体の変化、傾向について夫婦で取り組み学ぶこと。

妊娠・出産本は数多く出版されてますが、まだまだ産後について学ぶ機会が

圧倒的に少ないと考えています。

実際子育ては産後から始まっています。

妊娠、出産時は検診や母子手帳など行政や地域、病院では検診費も助成してくれてとても手厚いですが産後に関しては一ヶ月検診や保健師訪問の一時のみです。

日々の生活の面からの支えやケア方法、もちろん産後女性の自身の働きかけも大切ですがここでも一番の理解者は夫であるパートナーであって欲しいという願いです。

産後のホルモンバランスや体の急激な変化や陥りやすいマインド、安静して生活できる環境を整えるのをぜひ産前から夫婦で考えていくことが大事だと痛感しています」

長くなりましたが💦上記2項目を提案させていただきました。
具体的にどうするかというのは、やはり妊娠期の両親学級等で夫婦で取り組んで欲しいというのと、産後生活のマネジメントは夫であるパートナーの役目ではないかと思っています。(産後女性は養生が仕事であるからです)

私の仕事柄、妊娠期からお産後(産褥期)の期間にお会いすることが多いのですが、子育ては産後から始まっています!(2度言ってます💦)
その時に夫婦で取り組むことが今後の育児生活に多いに関わってくると痛感しています。

ドゥーラの役目はまさに外気を入れる風穴であり、育児、家事支援の他、住んでいる地域のネットワークの情報提供も役目の1つと思っています。
なのでまさに地域で子育て支援に関わる方とお会いできること、連携を取っていけることは大変嬉しい機会でした。
お互いの活動にとってもプラスとなりそれが地域貢献となり
循環してより子育てしやすく住みやすい地域となれたらと思います。

なんとこちらの子育てカフェは第2回目も既に決まっているそうです!
2017年3月25日(土)10:00-12:00
江東区東川小学校1階ランチルームです。
詳しい詳細やご参加についてなどは
こちらでお尋ねくださいませ。
こうとう親子センター
http://www.kotooyako.com

終了後
こうとう親子センター藤沢さまと
マドレボニータボールエクササイズ指導士「しゃー」こと小田綾さんと記念撮影☆
IMG_4195

第1回 夢を語ろう 子育てカフェに参加しました。」への4件のフィードバック

  1. 矢野めぐみ

    こんばんは。
    昨日はお疲れ様でした。ご一緒のテーブルでした、矢野と申します。
    藤沢先生のFBから飛んできました。

    パワフルな方々ばかりで、圧倒された2時間でした。
    個人的には、もっと同じテーブルの方とお話する時間があったらなーと思っていたところでしたので、つい書き込んでしまいました、すみません。

    素敵なお仕事されていらっしゃるんですね。
    少しお話しましたが、シッターとして沢山のご家庭に伺えば伺うほど、それぞれのご事情があり、皆さん大変な思いをされて頑張っているんだなーと感じます。
    それを支えるお仕事ってすごいですよね!
    思うことは沢山あります。
    また、お会いできたらお話聞かせて下さいね。
    今後ともよろしくお願い致します。

    返信
    1. 久美子三門 投稿作成者

      矢野さま

      こんにちは、こちらに飛んできていただきありがとうございます!
      当日はありがとうございました!お話できて良かったです。
      公の場でこうして子育てに関する様々な団体の方と
      一同にしてお会いできる機会は滅多にないと思いますし
      大変意義があったと思います。
      仕事柄、様々なそのご家庭の背景やお考えなど
      を受け止め寄り添うことが大事だと考えています。
      2回目もあるようなのでまた改めてお話できたら嬉しいです。
      ありがとうございます!

      返信
  2. 藤沢千代勝

    三門様、藤沢です。28日は、ご出席くださりありがとうございました。また、事前に「子ども子育て会議」へのご意見をお寄せいただき、事後にはfacebooにも投稿いただきありがとうございました。三門様のご提案の「パートナー(夫)のサポートの重要性」にとても共感しました。この声が、多くの人に伝えられ、広がり、実行されたらどんなに「子育てしやすい街」になることでしょう。ネットワークの会でみんなで話し合っていきましょう。これからもよろしくお願いいたします。

    返信
    1. 久美子三門 投稿作成者

      藤沢さま
      こちらこそ改めてありがとうございました!
      そして提案させていただいたことにご賛同いただきましたことも
      大変嬉しく思います。
      子育てに関しては沢山の受け皿(各学校、支援センター、施設、各相談所、遊び場、保健所、学び場等)
      が必要であることはもちろんですが、
      社会が成り立つ核が家庭であると思うので
      まずは家庭、パートナーシップ(←改めて向き合うことは正直気力、体力が要ると思いますが目を逸らさず向き合う、諦めないことが大事では?)から見直していくことが大事だと思っています。
      子どもに関しての悲惨な虐待等のニュースはまさに家庭内で起こっています。
      改めて働き方の警鐘や、各保健施設や病院での両親学級等で産後の生活に見通しが付けるよう
      提案して行けたらいいなと考えています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です